バイオマス事業|バイオマス燃料・水処理のタスク東海|愛知県岡崎市

バイオマス燃料|タスク東海

業務概要(バイオマス事業)

事業活動・日常生活にともない発生する高含水率汚泥は、全世界で発生しているバイオマス資源です。しかし、これらのバイオマス資源を燃料化するためには、多大な設備コストと乾燥エネルギーが必要となるため、その多くが、焼却処分されているのが現実です。

株式会社タスク東海では、独自の配合処方を使うことで、高含水率汚泥を短時間で自然乾燥する方法を開発し、高含水率汚泥の燃料化を可能にしました。(特許取得済) この技法で製造した、機能性核材『オーブ』を用い、取り扱いが困難な有機汚泥を省エネルギーで乾燥減容化し、固形燃料や新たな機能性核材に転換します。

 

事業内容

汚泥乾燥システム

汚泥乾燥システム
オーブ(機能性核材)を使用した、SGS配合方式との組み合わせによる、省エネルギー型汚泥乾燥システムです。

>>「汚泥乾燥システム」の詳細

オーブ(機能性核材)

オーブ(機能性核材)
様々な有機系汚泥を省エネルギーで乾燥することが可能な、乾燥促進機能を有する機能性核材、同時に燃料化も可能です。

>>「オーブ(機能性核材)」の詳細

委託業務(コンサルタント業務)

委託業務(コンサルタント業務)
様々な有機系汚泥(下水、し尿、家畜糞、食品、その他各種汚泥)のエネルギーおよび処理コスト低減を目的とした、各種試験の委託業務ならびに提案をいたします。